*

玄関ひさしの幅

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 玄関

設計のときはまったく気にせず、生活してみると意外に重要なのが、玄関のひさしの奥行きです。玄関のひさしの効果は

  • 日除け
  • 雨の吹き込み防止
  • 雨水・ホコリからの汚れ防止
  • 隙間やコーキングからの雨の染み込み防止



この様なひさしの効果を考えると適切な幅のものが必要とわかります。では必要なひさしの幅はどれくらいでしょうか?アンケートによると不満足な方たちの奥行きは60cm辺りの方があっとうです。

不満をお持ちでない方のひさしの奥行きは90cmです。ひさしは1メートル以上となると建築基準法の容積に含まれてしまうので注意が必要です。

現状ひさしの幅が足らない方もご安心ください。後付けできるタイプもあります。また、これから設備を考える方もデザイン性の高いひさしがありますのでご検討ください。

YKK シンプルモダンシリーズの上吊りひさしはスタイリッシュな今どきのデザインにマッチします。

玄関庇

こんな記事も読まれています

関連記事

玄関ドア

玄関ドアの選び方

玄関のドアは意外と高い?似たようなデザインなのに値段が違う・・・では玄関ドアって何が違うのでしょうか

記事を読む

シースルー階段

おしゃれな階段(スケルトン階段・螺旋(らせん)階段)

家造りで忘れがちなのが階段のデザインです。階段は玄関から見えたり、リビング階段であれば、家のデザイン

記事を読む

タイルデッキ

タイルデッキや玄関のタイル掃除方法

普段のお掃除 靴の底に付いた砂や泥などの汚れや、風で飛ばされてくる砂汚れなど玄関まわりやタイル

記事を読む

造作カウンター本

おしゃれなニッチ(飾り棚)の作り方

ニッチ(飾り棚)とは? ニッチとは玄関やリビング、トイレなどの飾り棚です。玄関にはウェルカムボード

記事を読む

防犯対策

戸建てのセキュリティー防犯対策と費用

新築の戸建てのプランを考えたり、リフォームをしたいとき気になるのが防犯対策です。月々の費用がかかるセ

記事を読む

シャッター

シャッターゲートのメリット デメリット

シャッタータイプの種類 シャッタータイプは跳ね上げタイプや引き戸や折りたたみ戸タイプに比べ、不審者

記事を読む

広告

outdoorliving2
注目度No.1 アウトドアリビングとは?

アウトドアリビングとは 最近、ヘーベルハウスのテレビCMでも盛んに薦

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ

防犯対策
戸建てのセキュリティー防犯対策と費用

新築の戸建てのプランを考えたり、リフォームをしたいとき気になるのが防犯

エタノール暖炉
おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言

平屋建て
40歳以上で新築の方必見!平屋のメリット・デメリット

今の時代、家を建てるイコール2階建てだったり、都心部では3階建てが当然

→もっと見る

PAGE TOP ↑