*

リフォームでお勧め!複層ガラス「スペーシア」の評判

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 リビング

複層ガラスの評判

私の家は築20年で現在の新築の家のように複層ガラスが標準ではありませんでした。冬場になると結露もひどくフローリングまで水たまりが出来てしまいフローリングの板が腐ってきてしまいました。また窓側に近づくと冷気を感じ、せっかくの暖房の温かい空気も逃げてしまっていました。ただ、複層ガラスにするまでは、これは当然のことと思ってあまり気にしていませんでした。



今回のリフォームでリビングや寝室に限り、複層ガラスに変更しました。インターネットではサッシのみの変更ではあまり意味がないとの意見も見受けられましたが、コストの面でサッシはそのままでガラスのみ変更(日本板硝子の真空ガラス「スペーシア」)しました。リフォーム後初めての冬を迎えましたが、まったく結露しません。これにはびっくりです。また、例年はエアコンと部屋が温まるまでは灯油ストーブを置いていましたが、今年は灯油ストーブを出すこともなくエアコン(温度設定20度)で十分温まります。寝室は寝る時に加湿器を付けて就寝していますが結露もなく、また寝る時にまったくエアコンや暖房も付けていません。これは外気温がマイナスだった時でもです。

複層ガラスのデメリット

デメリットは価格でしょうか?でもこれは快適な生活と夏や冬のエアコン代が浮くことを考えれば十分満足できる価格だと思います。デメリットというかガラスを変えたことの変化は、窓が重くなったことです。掃き出しだとガラス面積も大きいですから、ガラスが2重になったことで重さを感じます。(逆に重くなったことで、ガラスを変えたと実感します。)あと、この複層ガラスは薄いので窓が割れる可能性が高くなります。小さいお子様のみえる家庭などでは考慮が必要です。

スペーシアガラス

こんな記事も読まれています

関連記事

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムがバーチカルブラインドです。床から天井までブランドを合わ

記事を読む

リビング幅木

幅木(巾木・はばぎ)は必要?

幅木とは・・・? 壁の下部とフローリングと間、壁の上部と天井との間にある10センチ弱の木を幅木

記事を読む

床暖房

床暖房のメリット・デメリット

せっかく新築を建てる、リフォームをするなら床暖房を設けたいという方は多いと思います。メリットは御存知

記事を読む

エタノール暖炉

おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言ではないのがおしゃれな暖炉です

記事を読む

シースルー階段

おしゃれな階段(スケルトン階段・螺旋(らせん)階段)

家造りで忘れがちなのが階段のデザインです。階段は玄関から見えたり、リビング階段であれば、家のデザイン

記事を読む

無垢フローリング

無垢フローリングのメリット デメリット

フローリングの素材で検討するのが無垢(単層フローリング)か合板(複合フローリング)かでしょうか?

記事を読む

afi_slb05

フローリングの種類

フローリングの種類 フローリングにはベニヤ板やMDF(木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合し

記事を読む

上部吊り戸棚AVラック

上部吊り戸棚でDVDの収納

収納で困るのが、子供の運動会や家族旅行のビデオを録画したDVD。TV廻りの収納に大きなTVボードを設

記事を読む

吹き抜け

吹き抜けのメリット・デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さを持たしたり、リビングや玄関を吹き抜けにして採

記事を読む

ピットリビング

段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ一段下げてある、ピットリビング

記事を読む

広告

outdoorliving2
注目度No.1 アウトドアリビングとは?

アウトドアリビングとは 最近、ヘーベルハウスのテレビCMでも盛んに薦

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ

防犯対策
戸建てのセキュリティー防犯対策と費用

新築の戸建てのプランを考えたり、リフォームをしたいとき気になるのが防犯

エタノール暖炉
おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言

平屋建て
40歳以上で新築の方必見!平屋のメリット・デメリット

今の時代、家を建てるイコール2階建てだったり、都心部では3階建てが当然

→もっと見る

PAGE TOP ↑