*

2階にお風呂のメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 洗面所

2階にお風呂のメリット

2階にお風呂をつけようと思う方が考えるメリットは・・・

  1. 洗濯して濡れた衣服を2階のベランダへ運ぶのが大変
  2. お客様がみえたときでもお風呂に入れる
  3. 1階にお風呂がなくなればリビングや収納にスペースをまわせる

などを考えて2階にしようか迷っていると思います。ではデメリットはなんでしょう

2階にお風呂のデメリット

  1. 2階の子供部屋・寝室のスペースが減る
  2. 汚れて帰ってきた時、汚れたまま2階まで上がならいといけない
  3. 水が流れる音が気になる
  4. 水圧が弱くなるので対策が必要になる
  5. 老後階段の登り降りが大変になる



ズバリ2階にお風呂は老後大変になります!

年をとり足腰が弱くなったときにお風呂に入るたびに階段を上がるのは大変になります。お風呂が1階にあり、1階にリビング以外の和室や客間があればそこを寝室として、リビング・寝室・お風呂・トイレで階段を使わず移動でき、少し外へでて日光浴や散歩も出来るでしょう。しかし2階にお風呂があると寝室・お風呂・トイレがあるので、1階へ降りたり外へ出たりすることが億劫になってしまいます。本当に引きこもりになってしまいます。リビングに行きたくても階段を降りず家族とも離れた環境になってしまいます。もし2階にお風呂をお考えの方は、その辺りを検討してください。

2階にお風呂のメリットはこれで解決

しかし、濡れた洗濯物を持って2階に上がるのは大変で、しかもお子様が小さく何人かみえたら洗濯の回数も一日数回になると思います。そもそも2階にお風呂を設置したかったのは目線を気にせずベランダで天日干ししたい、重い洗濯物を運びたくないからだと思います。そこで提案したいのが・・・

2階洗濯機

洗濯スペースだけ2階に設置

いかがでしょうか?もちろん脱衣所のスペースと洗濯機のスペースをそれぞれ確保しなければならないので、スペースは無駄になりますが、無駄と言ってもせいぜい2畳くらいです。洗濯後のの濡れて重い洗濯物を運ぶより、まだ洗っていない洗濯物なら軽いのでだいぶ労力は抑えれると思います。しかも洗濯後はそのまま2階のベランダで干すことが出来ます。脱衣後の洗濯物は寝る前に2階に運ぶなど家庭でのルールを作れば尚、家事が楽になりますのでご検討ください。

 

 

こんな記事も読まれています

関連記事

造作洗面台

造作洗面台のメリット

メーカーの洗面台は収納が過剰であったり、収納のためにデザイン性が損なわれていてなかなか良いデザインの

記事を読む

パントリー

階段下に押入れ収納 無駄をなくすスペース有効活用術

階段の1階部分はデットスペースとなり、通常は簡単な物置になる場所だと思います。階段下をどう使えるかは

記事を読む

広告

outdoorliving2
注目度No.1 アウトドアリビングとは?

アウトドアリビングとは 最近、ヘーベルハウスのテレビCMでも盛んに薦

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ

防犯対策
戸建てのセキュリティー防犯対策と費用

新築の戸建てのプランを考えたり、リフォームをしたいとき気になるのが防犯

エタノール暖炉
おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言

平屋建て
40歳以上で新築の方必見!平屋のメリット・デメリット

今の時代、家を建てるイコール2階建てだったり、都心部では3階建てが当然

→もっと見る

PAGE TOP ↑