*

旗竿地購入のメリット・デメリット

公開日: : 土地・戸建て購入

旗竿地購入のメリット・デメリット

不動産を購入する際によく見かけるのが、「旗竿地」の物件です。

旗竿地とは、住宅部分が道路から奥まったスペースに位置する、竿に旗がついているような形状をした土地のことを指します。

希望の条件に合致する物件がたまたま旗竿の物件だった場合、購入しても問題ないのか否か心配になってしまうこともあるのではないかと思います。

そこで、今回は旗竿地購入のメリット・デメリットについて解説します。旗竿地は、デメリットの方が強調されがちですが、メリットもあります。旗竿地購入を迷われている方はぜひ、購入決定の参考にしてください。

旗竿地

 旗竿地とは

不動産購入の際によく見かける旗竿地とは、道路に面した部分の幅が狭く奥まった部分に広い住宅や庭用のスペースが設けられている土地のことを指します。ちょうど竿に旗がついている形状をイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

旗竿地が生じる理由は、土地を分譲して区画する際の区画の仕方によりどうしても発生します。建築基準法において、道路から離れたところにある住宅は幅2m以上の通路と面していなければならない、と定められていることが多くの旗竿地が生まれる要因です。

旗竿地購入のメリットとは

旗竿地購入のメリットについて解説します。

価格が安い

一般的に旗竿地は、やや使い勝手が特殊なことなどを理由として価格が安くなる傾向がみられます。目安としては、同じ分譲地の他の物件と比較すると土地価格が2~3割程度安くなります。

安い価格設定がされていることで、諦めざるを得ないエリアに土地を購入できる可能性が生じます。

固定資産税が安くなる

土地の価格が安いことは、毎年発生する固定資産税(都市計画税)も同時に安くなります。

安全に利用できる庭が持てる

旗竿地の場合、道路から奥まったスペースに住居や庭のスペースを設定します。従って、特に小さなお子様がいらっしゃったり、ペットを飼っていたりされているご家庭では、車などの交通を気にせず庭で遊ばせることができるのでとても安心です。

旗竿地購入のデメリット

旗竿地購入のデメリットについて紹介します。

日当たりが悪いことが多い

旗竿の物件は四方を隣家に囲まれてしまうことが多いので、日当たりが悪くなりやすい傾向があります。昼間でも日光が入りにくかったり、洗濯物が乾きにくかったりすることがあるので、特にリビングの間取りや洗濯物を干すスペースの日当たりに注意しましょう。

竿の部分が駐車場スペースになってしまう

旗竿地の場合、一般的に道路と面した「竿」の部分が基本的に駐車場スペースになります。自動車を縦並びに駐車するイメージになるため、道路との車の出し入れが大変なこと、住居側の車を出す際には必ず道路側の車を先に出さなければならないこと、といった不都合が生じます。

また、家への出入りの際に自家用車や来客の車が駐車してある場合には、車を傷つけないように細いスペースを通らなければならないことも注意しておかなくてはいけません。

外構などの工事諸費用が高くなる可能性がある

旗竿の竿の部分は、隣家と密接してしまうためフェンスなどの外構工事が推奨されます。また、駐車場として使用する際にはコンクリートや人工芝などの設置が望ましいでしょう。これらの工事には別途費用が発生するので、購入前に見越しておく必要があります。

住宅のメンテナンスや家具・家電用品の搬入に手間・費用が生じる可能性がある

旗竿の竿の部分は「2m以上」という法律の規定があり、自家用車の駐車に関してはあまり問題とはなりません。しかし、工事用や搬入用の大型トラックは通れないケースがあります。トラックを家の前に漬けることができないため、大型家電や家具などが搬入できなかったり、住宅メンテナンスの際に費用が割高になってしまったりする可能性があります。

防犯上望ましくないケースがある

旗竿地は奥まった部分に住宅人のスペースがあるため、不審者などが侵入しやすくなることがあります。防犯用の砂利を設置したり、防犯カメラを設置したりするなど、防犯意識を高めて、リスクを未然に防ぎましょう。

旗竿地購入をする前にチェックしたいポイント

旗竿地を購入する前には、以下のポイントをチェックしましょう。

  1. リビングと洗濯部屋(ベランダ)の日当たり(確実に明るいリビングを希望する際は2階にリビングを持ってくる方法もあります)
  2. 旗竿の横幅(法律としては「2m以上」ですが、自動車のドアの開閉や来客含めた大型車の利用の可能性を考慮した場合3m以上あることが理想的です)
  3. 駐車の際の手間(自動車の保有台数や運転技術、面した道路の交通量などを考慮して、旗竿の駐車スペースに車を出し入れする際の手間について検討しましょう)

まとめ

旗竿地購入のメリット・デメリットについて紹介しました。

旗竿地は安く購入できるというメリットはよく知られていますが、他にも子どもを安全に遊ばせることができる点などのメリットがあります。注意点としては、駐車の手間、外構工事による追加工事費用の発生、大型トラックなどを部屋の前につけられないことなどがあります。

今回紹介したメリット・デメリットを踏まえて、旗竿地購入の判断にしていただけたら幸いです。

こんな記事も読まれています

関連記事

中庭

内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭のことです。中庭を持つ家のこと

記事を読む

農地転用

農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するため(=農地転用)に購入すること

記事を読む

建売

建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります。 今回は、建売購入(建

記事を読む

自宅でグランピング

自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。 グランピングとは、「優雅

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑