*

シャッターゲートのメリット デメリット

公開日: : 最終更新日:2019/05/21 バルコニー・テラス, 玄関

シャッタータイプの種類

シャッタータイプは跳ね上げタイプや引き戸や折りたたみ戸タイプに比べ、不審者がよじ登ることができないため、防犯上優れています。シャッタータイプの中でも車両が見えるグリル(パイプ)タイプと、車両を見えなくするスラットタイプがあり、また最近はシャッターの下部はスラットで上部がグリルというものもあります。

スラットタイプのメリット・デメリット

スラットタイプはプライバシーを守るため視界が遮られています。メリットは高級車など目をつけられないよう隠すことができることと、砂埃の侵入を防げること、台風のときなど外から飛んで来る物から車を守ることができるです。デメリットとしては、泥棒に侵入されたあとはシャッターが逆に死角となってしまうことと、強風のときにシャッターがガタガタと音がすることでしょうか。



グリル(パイプ)タイプのメリット・デメリット

グリルタイプのメリットは、強風のときでもガタガタ音がせず静かなことと、スラットと比べ軽い分自動の場合モーターへの負荷が少ないことでしょう。デメリットは、砂埃や台風のときに外から飛んで来る物で車を傷つける可能性と、外から車種がわかるため高級車など泥棒に目をつけられる可能性があることです。

シャッター

シャッターは予算が許す限り電動がオススメ

シャッターを考える際に、跳ね上げ式やアコーディオンなど色々と検討すると思いますが、出来れば電動をオススメします。雨の日に濡れたシャッターを開け閉め、寒い日に冷たいシャッターを開け閉めは本当につらいです。だんだんと面倒になって、車両を出した後も開けっ放しになったり、最終的には閉めなくなったら折角シャッターをつけた意味がなくなってしまいます。

最近の電動シャッターはもちろんリモコンで10秒もかからず開け閉めされますのでストレスはありません。

こんな記事も読まれています

関連記事

玄関庇

おしゃれなひさしで玄関前をドレスアップ

玄関扉前にひさしがあり、ある程度のスペースがあると、ひさしから小さめのプランターを吊り下げて飾ったり

記事を読む

平屋建て

ステキな平屋を選ぶメリット

都市部の住宅事情を考えた時、土地の狭さから2階建てや3階建ての物件を設計するのが一般的です。逆に、都

記事を読む

造作カウンター本

お部屋がオシャレになるニッチの作り方

ニッチ(飾り棚)は、ちょっとした空間に取り付けられ、そこにお気に入りの小物やオブジェを飾ったりするな

記事を読む

インナーバルコニー

おしゃれに活用!インナーバルコニーの魅力

戸建てで生活していく上で、おしゃれでかつ便利な間取りのひとつが、インナーバルコニーです。インナーバル

記事を読む

タイルデッキ

タイルデッキや玄関のタイル掃除方法

タイルデッキや玄関タイルなど、住んでいる内にだんだんと黒ずんでいたり、ホコリがたまってしまうことって

記事を読む

outdoorliving2

まるでお部屋?! アウトドアリビングの魅力

憧れのアウトドアリビング 家の中からクッションを持ち出し、好きなスイーツと本を片手に、開放感あるプ

記事を読む

玄関ドア

住宅の顔!玄関ドアを選ぶポイント

住宅の顔とも言える玄関ドア。どのようなデザインの住宅であっても、玄関ドアのデザイン・質感・色使いで、

記事を読む

自宅でグランピング

自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。 グランピングとは、「優雅

記事を読む

タイルテラス

解放感抜群!タイルテラスで素敵空間を

リビングからテラスが1つの部屋のように、居住スペースと緑あふれるテラスが一体的に楽しめる空間を想像し

記事を読む

中庭

内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭のことです。中庭を持つ家のこと

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑