*

40歳以上で新築の方必見!平屋のメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2019/05/21 キッチン, バルコニー・テラス, リビング

今の時代、家を建てるイコール2階建てだったり、都心部では3階建てが当然だと思います。平屋建てというと昔の住まいのイメージだったり、老後の建て替えは平屋かなーと想像するぐらいしかしないのかもしれません。でも検索などでこのページをご覧の方は「平屋」に興味があることと思います。ここでは平屋建てのメリットやデメリットを解説したいと思います。

平屋建て



平屋建てとは

まずは、平屋建てのおさらいです。平屋建てとは1階しかない建物で、要は一階建てです。1階しかないので費用が安く済むかと思いきや実際は、2階建ての同じ延床面積と比べると、土台の部分の基礎が広くなる分高くなりがちです。また、土地にどれだけの割合で建物が建てられるかを決められている法律の建ぺい率の計算上、広い土地が必要になり、平屋は高級な家というイメージをお持ちの方もいます。

平屋建てのメリット

平屋建てだと金額も高くなりし何のメリットがあるの?と思う方も見えるかもしれませんが、平屋建てにはメリットが沢山あります。ではここで平屋建てのメリットをご紹介します。

  • 家族の距離が近くなります

平屋だと全ての部屋が隣通しに位置することができるので、子供部屋なども近くなり、良く母親がきにする子供との距離が近くできます。現在そういった理由でリビング階段などを検討されている方も、平屋を検討する余地があると思います。

  • 構造を検討しなくて良い

まず、階段が必要ないのでその分が部屋として使用できます。階段がないということは掃除も楽になります。また、構造上上部の重さがないので、地震などの耐震性も強くなります。その他にも天井を高くすることもできますし、例えばリビングの天井には窓を付けて明かりを確保することも可能です。

  • 2階がないから移動が楽

現在マンションやアパートに住んでる方。または住んだことがある方は納得できるのではないでしょうか?部屋と部屋がつながっていたり廊下も最小限に間取りをとれば移動距離が少なくなります。妊娠していたり、小さい子供や齢を重ねたとき階段で怪我をするリスクを減らせます。

  • メンテナンスコストが低い

1階しかないからと言っても外壁などが少なく済むわけではありません。逆に屋根は2階建てより多くなります。ですが、1階しかないことで、10年から15年に1階メンテナンスする外壁塗装や修理などは足場を多く組むことが必要ないので、コストが下がります。また、雨樋の掃除など一般の人では危険な作業が手軽に行うことができます。

  • 老後に使えない部屋を減らせる

よく老後は戸建てを売却してマンションに住む方も見えますが、マンションだと広い敷地で駐車場からも遠かったり(戸建てと比べて)意外と不便だったり、共有部分での車椅子での移動が大変だったりします。また、2階建ての戸建てに住む方は足腰が弱ってくると2階に上がることが億劫になり、2階が荷物置き場になってしまいます。ただ家は空気の入れ替えを行わないと痛みますし、カビが発生したり大変不衛生になります。人生設計で老後に建て替えを計画されている方は、気にされることはありませんが、長い人生、長い住宅ローンの支払いですので、きちんとした人生設計を考える必要があります。

  • 40代で家を建てるなら平屋がオススメ

このページで私が言いたいのは、もし40代でお家を建てるとすると、20年少しで老後生活が始まります。意外と短いです。先程もお伝えしましたが、老後に建て替える資金力がある方は、問題ありませんが、老後に手を加える必要のある家を30何年とローンを組むのは大変危険です。そこで、老後生活を見越すなら平屋建ても考える余地があるのではと、提案させていただきます。



平屋建てのデメリット

もちろん平屋建てのデメリットは存在します。なければ世の中平屋建てばかりになりますから。でもデメリットも考慮して納得ができるかで検討してください。

  • 土地面積が必要になる

これは先程の建ぺい率の問題です。例えば建ぺい率が60%の土地の場合、ごく一般的な延床面積120平米の建物を建てたいとき土地は、60坪必要になります。60坪が広い土地か狭い土地かは地域にの土地価格によりますが、いかがでしょうか?

  • 建設コストが高くなる

建つ面積が2階建ての倍になる分、家の基礎の部分と屋根の部分が2倍になり、建設コストがあがります。

  • 生活上の不便

今まで当然の様にしていた布団をベランダに干すだったり、洗濯物も然り。これが庭に干すことになります。また、日当りも隣に高さのある建物が建った場合、自宅全てが日陰になる可能性があります。

建設コストは、老後に建て替えることを考えると、先行投資とも言えます。洗濯に関してはリビングと直結する目隠し付きのテラスやウッドデッキをオススメします。話がそれますが、散歩しているとリビングが丸見えのお宅を見かけます。丸見えで恥ずかしいですよね?リビングにテラスかウッドデッキがつながっていると、お茶したり、バーベキューしたり大変便利です。でも、目隠しがないと近所の目が気になるのでフェンスを建てたほうがいいです。平屋建てで洗濯を干すところがない方はぜひテラスかウッドデッキを作ってください。(2階建てでも洗濯を持って2階に上がらなくていいので便利だと思います)平屋建てでデメリットはありますが、一つ一つ解消して、納得のうえ平屋建て、または2階建てを建てて後から後悔がないようじっくりご検討してください。

ウッドデッキ

こんな記事も読まれています

関連記事

吹き抜け

吹き抜けのメリット・デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さを持たしたり、リビングや玄関を吹き抜けにして採

記事を読む

タイルテラス

タイルテラスは夏暑い?メリットとデメリット

リビングからつながるタイルテラスはいかがでしょうか?。フローリングの色とタイルの色を同系色にするとリ

記事を読む

シースルー階段

おしゃれな階段(スケルトン階段・螺旋(らせん)階段)

家造りで忘れがちなのが階段のデザインです。階段は玄関から見えたり、リビング階段であれば、家のデザイン

記事を読む

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムがバーチカルブラインドです。床から天井までブランドを合わ

記事を読む

ピットリビング

段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ一段下げてある、ピットリビング

記事を読む

造作カウンターニッチ

キッチン 造作カウンターはここがポイント

料理中にリビングを見ながら作業できる対面キッチン・オープン対面キッチンが人気ですが、ダイニングとキッ

記事を読む

キッチンコンロ前

キッチンコンロ前はブロックがオススメ

おしゃれなキッチンにしたい思いと、汚れなどから守るメンテナンスを両立するのに一番迷うのはコンロ前の壁

記事を読む

KAMIYA E-STYLE EG-2

室内ドアの標準的な高さ。フルハイトドアのすすめ

注文住宅やリフォームでドアの色や採光部のデザインは気にされると思いますが、ついでに高さも気にしましょ

記事を読む

造作カウンター本

おしゃれなニッチ(飾り棚)の作り方

ニッチ(飾り棚)とは? ニッチとは玄関やリビング、トイレなどの飾り棚です。玄関にはウェルカムボード

記事を読む

サンルーム2

増築の費用はどれくらい?オススメのアイデア

増築する理由は? リフォームをするなら「リビングを広くしたい」「子供部屋がもうひとつ欲しい」となる

記事を読む

広告

outdoorliving2
注目度No.1 アウトドアリビングとは?

アウトドアリビングとは 最近、ヘーベルハウスのテレビCMでも盛んに薦

タイルテラス
タイルテラスは夏暑い?メリットとデメリット

リビングからつながるタイルテラスはいかがでしょうか?。フローリングの色

オープンウィン
テラスとつながる窓は全開口サッシかワイドなFIXか

リビングにつながるウッドデッキやテラスの間取りをお考えの方はガラスにも

コンロ壁
対面キッチン コンロ前は壁かオープンか

対面式のI型キッチンでコンロの前に壁を立ち上げるか、それとも30センチ

造作洗面台
造作洗面台のメリット

メーカーの洗面台は収納が過剰であったり、収納のためにデザイン性が損なわ

→もっと見る

PAGE TOP ↑