*

人気のキッチンスタイルとレイアウトは?

公開日: : 最終更新日:2019/09/24 キッチン

女性にとってキッチンは聖域といっても過言ではありません。それほどキッチンスタイルは、女性が楽しくかつ使い勝手が良いシステムキッチンに憧れます。また、が使いやすくなれば、お料理はもっと楽しくなりますよね。その為には、部屋の広さ、作業の「動線」を考えたコンロやシンク、冷蔵庫のレイアウトを考えてダイニングやリビングとの繋がり方でキッチンのスタイルを決めましょう。

今人気なのは、家族やお客様と会話を楽しみながら調理できるオープン対面タイプ。家族が集まる空間だから、レイアウトやスタイルをじっくり検討してわが家にぴったりのキッチンにしましょう。

キッチンの特徴

キッチンを設計する際に重要になるのは、ダイニングとの関係です。調理するスペースから食事をするスペースへの導線と、両空間を繋ぐコミュニケーションのスムーズさを、どのように確保するかがポイントになります。ここでは、キッチンの「スタイル」と「レイアウト」をご紹介します。

■キッチンスタイルの特徴

  • クローズドタイプ

キッチンを囲うスタイルで、じっくりと食事を作りたいスタイル向けです。

  • オープンタイプ

キッチンスペースとダイニングスペースがお互いに見えるスタイル。キッチンはダイニング側ではなく、壁側に設置されるため、壁側に収納棚を設置できる。

  • オープン対面タイプ

キッチンスペースとダイニングスペースがお互いに見えるスタイル。オープンタイプと異なり、ダイニング側にキッチンがあるスタイルで、料理をしながら家族とコミュニケーションができる人気のスタイル。

  • セミクローズドタイプ

基本構造はオープン対面タイプと同じで、収納用の吊戸棚があるため、コミュニケーションと片付けを両立できる。

  • セミオープンタイプ

オープンタイプと基本構造は同じで、キッチンとダイニングを隔てるカウンターが設けてある。料理をカウンター越しに置いて渡すことができる便利さがある。

■キッチンレイアウトの特徴

  • Ⅰ型

シンク・コンロ・冷蔵庫を一列に配置したスッキリレイアウト。料理をしながら、コンロと冷蔵庫を平行に移動できるコンパクトな作りです。

  • Ⅱ型

作業カウンターを前面と背面に配置し、沢山の料理や平行での調理をする際に役立つレイアウトです。

  • L型

文字通りL字型にシンク・作業スペース・コンロを配置、作業スペースがコーナーに入りするため、身体の向きを変えながら作業できる点がポイント。

  • U型

文字通りU字型に作業スペース・シンク・コンロを配置。一面ずつに配置するため、作業スペースを広く取れる利点がある。

  • アイランド型

キッチンの一部を独立させたレイアウト。料理のしやすさからL字型に作業スペースとコンロを配置し、シンクだけを独立された場所に。広めのキッチンスペースが必要になる。

  • ベニンシュラー型

L字型に似たようなレイアウトだが、角の一部にコミュニケーションように丸テーブルを付けたようなデザイン。椅子を1~2脚置くだけで、ちょっとしたカフェになる。

人気のキッチンスタイルとレイアウト

おしゃれで家族と楽しく話ながら料理をしたい…そんなデザインが人気です。この場合、オープン対面タイプとI型・Ⅱ型の組み合せが最もデザインしやすく、どのようなインテリアスタイルにも合います。

対面式のI型キッチンの場合、使い易く、楽な姿勢で居られる高さのキッチンがおすすめです。具体的には、身長÷2+5cmが目安とされており、平均的に高さ85cmが選ばれやすいです。メーカーによって様々な高さのキッチンがありますので、実際に立ってみて自分が作業する動作や、洗い物をする動作で高さを確かめてみましょう。

尚、この人気のスタイルとレイアウトは、料理をする際にダイニング側に、料理の材料がこぼれたり、揚げ物などで油が跳ねてしまうデメリットがあります。この場合、Ⅰ型の一部を壁側にし、そちらにコンロを設置しましょう。これで、油跳ねなどを防ぐことができます。或いは、以下の施工例のようにⅡのレイアウトで、リビング側とは反対側コンロを設置する方法もあります。

コンロ壁

まとめ

いかがだったでしょうか。自分がイメージするインテリアデザインと共に、キッチンもトータルコーディネートすることを考えた場合、設計段階でどこに何を配置するか、先に決めておきましょう。その後からでも自分好みのデザインを具現化し、必要な内装を揃えれば素敵なキッチンができますよ。

こんな記事も読まれています

関連記事

ベットルームのアクセントクロス

アクセントクロスでお部屋をオシャレに変えよう

なるべく費用を掛けずにおしゃれな家づくりをしたい方にオススメなのが、壁紙を1面のみを違うカラーにする

記事を読む

afi_slb05

フローリングの種類と選び方

住宅の床材として一般的に用いられているフローリング。フローリングといっても、様々な種類の木材、表面、

記事を読む

キッチンタイル貼り

キッチンカウンターをおしゃれにするタイルの使い方

キッチンカウンターをもっとおしゃれに仕上げたい!と思う女性にとって、お手軽な方法がタイルを使うことで

記事を読む

キッチンコンロ前

キッチンコンロ前はブロックがオススメ

おしゃれなキッチンにしたい思いと、汚れなどから守るメンテナンスを両立するのに一番迷うのはコンロ前の壁

記事を読む

平屋建て

ステキな平屋を選ぶメリット

都市部の住宅事情を考えた時、土地の狭さから2階建てや3階建ての物件を設計するのが一般的です。逆に、都

記事を読む

パントリー

階段下のデッドスペースの有効活用例

住宅設計にあたり、設ける階段の1階部分がデットスペースになる場合があります。また、中古住宅をリノベー

記事を読む

キッチンパネル

お掃除ラクラクなキッチンにする方法

沢山の友人を迎えたパーティーや、料理好きの方にとって、キッチンはいつでも綺麗にしておきたいですよね。

記事を読む

造作カウンターニッチ

キッチン造作カウンターの作り方

料理中にリビングを見ながら作業できる対面キッチン・オープン対面キッチンが人気です。ダイニングとキッチ

記事を読む

広告

床暖房
床暖房のメリット・デメリット

寒い季節に是非欲しい!と思う住宅設備と言えば、何と言っても床暖房ではな

バーチカルブラインド
バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムの1つが、バーチカルブライ

KAMIYA E-STYLE EG-2
おしゃれな空間を演出してくれる「フルハイトドア」

注文住宅やリフォームで室内ドアの色や採光部のデザインは気にされると思い

スペーシアガラス
リフォームでお勧め!真空ガラス「スペーシア」

築数十年の住宅をリフォームする際、良く目に付くのが木材や床底などがカビ

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

住宅を設計するにあたり、海外の家やデザインを参考にする方は少なくありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑