*

アクセントクロスでお部屋をオシャレに変えよう

公開日: : 最終更新日:2019/10/28 キッチン, リビング

なるべく費用を掛けずにおしゃれな家づくりをしたい方にオススメなのが、壁紙を1面のみを違うカラーにする「アクセントクロス」を貼り付ける方法です。

アクセントクロスのメリットは、もともと貼る予定だったクロスを変えるだけで済み、かつ様々な色・材・質感・パターンがありますので、お部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。ここでは、お部屋に合わせたアクセントクロスの利用例をご紹介します。

キッチンでのアクセントクロス例

寒色の床色に対照的な暖色クロスでメリハリをつける

ここでのポイントは床色が寒色のブルーになっているとダイニングを、温かみがある雰囲気を持たせるために、アクセントクロスにオレンジを用いています。このアクセントクロスに合わせるようにして、間接照明とダイニングテーブルをブラウンの木材で纏めることで、ブルーとホワイトだけの少しクールな印象のダイニングが、ガラリと印象が変わります。関節照明の効果もあり、床色が目立たなくなるため、ゆったり過ごせるリビングに変身します。

16-1

シンプルなリビングにナチュラルさをプラス

無垢フローリングにホワイトで纏めたキッチン。シンプルで飽きが来ないインテリアデザインになっていますが、アクセントクロスにグリーン系を用いることで、キッチンから続くテラスの緑が空間に広がるデザインに変えることができます。ここでのポイントは、無地のライトグリーンと柄付きのグリーンのアクセントクロスで、ワンランク上のキッチンを演出している点です。所々に観葉植物を置くことで、キッチン内外の連続性を持たせているところもポイントです。

16-2

リビングでのアクセントクロス例

上質という名のリビングに変身

壁紙とテーブルがホワイト、ソファがグレーで纏めたインテリアは、シンプルなインテリアが好きな方にはオススメのデザインです。そこに、ソファの背面に光沢があるエメラルドのアクセントクロスを加えると、いかがでしょう?一気にお部屋が上質な空間に仕上がります。ポイントとしてアンティークの額縁や小物を置くことで、ラグジュアリー感が出ます。

16-3

ナチュラルなリビングにモダンスタイルを融合

元々のお部屋は木材の風合いを活かした床材、テーブルに用いたナチュラルスタイルのお部屋でしたが、コンクリート壁をイメージさせるグレーのアクセントクロスに貼り換えた例です。このクロスのポイントは、ただのグレーではなくナチュラルな雰囲気を残すため、表面が優しめのクロスを用いている点です。変化を付けすぎると、インテリアとしての纏まりが無くなるため、ナチュラルな空間にモダンスタイルを自然にミックスさせています。尚、あえて椅子を木製ではなく、モダンスタイルなものを置くことで、空間全体にモダンな表情を持たせている点がポイントです。

16-4

ベットルームでのアクセントクロス例

海外テイストに大変身

元々のお部屋は、シンプルテイストな無垢フローリングとダブルベッドですが、海外映画に出てきそうなベッドルームとしてオレンジのアクセントクロスを用いた大胆な例です。この大胆さを緩和するため、フローリングは大きめのドット柄の同系色のマットを引いています。一気にベッドルームが明るい雰囲気になるだけではなく、オレンジ色には緊張を緩和する効果があります。夜は少し暗めの間接照明を照らすことで、落ち着いた空間になります。

16-5

高級感あふれるベッドルームに

壁のクロスをグレー・黒に変えることで高級感が生まれます。ここでのポイントは、アクセントクロスに黒に白の模様が入ったパターン柄を利用し、光と組み合わせたグラデーションを生み出している点です。これにより、高級感が生まれるのです。尚、アクセントに黄色を用いることで、メリハリが付きますので、ショールームのようなベッドルームになります。

16-6

子供部屋でのアクセントクロス例

子供部屋は、基本的に「子供が好きな色」をアクセントクロスに用いると、お子さん自身が大好きな空間に変わります。ここでは2例掲載していますが、上段は男の子兄弟の部屋、下段は女の子の部屋です。ポイントとして、子供が好きな色でも明るめの色やパステルカラーを利用すること。原色は、視覚的に強すぎるため、優しめの色使いがアクセントクロス選びのポイントです。どちらも、男の子が好きな恐竜のミニマット、女の子が好きなガーリーでファンタジックなおもちゃとマッチしているので、気分が盛り上がります。

16-7

16-8

まとめ

いかがだったでしょうか。アクセントクロスはお部屋のイメージを変えるだけではなく、インテリアのスタイルを変えたり、他のスタイルと融合させることができる便利なインテリアアイテムです。お家をリフォームするよりも手軽で、費用も掛からずに出来ますので、将来的なインテリアデザインの見直しに活用してみて下さい。

こんな記事も読まれています

関連記事

outdoorliving2

まるでお部屋?! アウトドアリビングの魅力

憧れのアウトドアリビング 家の中からクッションを持ち出し、好きなスイーツと本を片手に、開放感あるプ

記事を読む

ドア引き戸

引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描くように開くタイプであるのにたい

記事を読む

KAMIYA E-STYLE EG-2

おしゃれな空間を演出してくれる「フルハイトドア」

注文住宅やリフォームで室内ドアの色や採光部のデザインは気にされると思いますが、その際にドアの高さも気

記事を読む

サンルーム2

増築前に知っておくべき建築確認

ライフスタイルや家族構成の変化に伴い、住環境も変化していきます。現在住んでいる住宅について「リビング

記事を読む

キッチンパネル

お掃除ラクラクなキッチンにする方法

沢山の友人を迎えたパーティーや、料理好きの方にとって、キッチンはいつでも綺麗にしておきたいですよね。

記事を読む

リビング室内ドア

おしゃれ度アップ!室内ドアの選び方

室内インテリアを考える際、どんな空間にしたいか?身を置きたいか?という視点で、床・壁・家具を考えてい

記事を読む

ピットリビング

段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

住宅を設計するにあたり、海外の家やデザインを参考にする方は少なくありません。特に、参考にしたい部屋と

記事を読む

吹き抜け

憧れの吹き抜けのメリット&デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さにし、リビングや玄関を吹き抜けにして採光や開放

記事を読む

平屋建て

ステキな平屋を選ぶメリット

都市部の住宅事情を考えた時、土地の狭さから2階建てや3階建ての物件を設計するのが一般的です。逆に、都

記事を読む

2戸1住宅

2戸1住宅マンションリフォーム

面積の狭い部屋同士をくっつけて1つの部屋にしてしまえば、狭いマンションでもゆったりと暮らすことができ

記事を読む

広告

床暖房
床暖房のメリット・デメリット

寒い季節に是非欲しい!と思う住宅設備と言えば、何と言っても床暖房ではな

バーチカルブラインド
バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムの1つが、バーチカルブライ

KAMIYA E-STYLE EG-2
おしゃれな空間を演出してくれる「フルハイトドア」

注文住宅やリフォームで室内ドアの色や採光部のデザインは気にされると思い

スペーシアガラス
リフォームでお勧め!真空ガラス「スペーシア」

築数十年の住宅をリフォームする際、良く目に付くのが木材や床底などがカビ

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

住宅を設計するにあたり、海外の家やデザインを参考にする方は少なくありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑