*

無垢フローリングの魅力

公開日: : 最終更新日:2019/10/28 リビング

住宅室内の床をどんなデザインにするか?特にナチュラルテイストやシンプルテイストに仕上げて、空間全体を明るくしたいという方から人気があるのが無垢のフローリングです。無垢のフローリングは手や足で触れた時の肌触りと質感がステキです。それでは、ここでは無垢フローリングの魅力についてご紹介します。

無垢フローリングとは

無垢フローリングとは、天然木から採れる一枚板のフローリングのことを指します。実際の構造は、薄い板状の木材を圧着させて厚みを作り、表面に化粧シートを貼って作られています。品質が一定に保たれ、並べた時に綺麗な板目が出来上がり、ワンランク上質な空間にしてくれます。

43-1

無垢フローリングの魅力

おしゃれでインテリアのベースとなる無垢フローリング。住んでいく内に風合いが出てきて、それを楽しむのも一つの魅力と言えます。それでは、どのような魅力が詰まっているのでしょうか?

  • 肌触りと質感が良く、どんなインテリアデザインにも合う。
  • 木材を使っているため、自然の温かみを感じる(体感温度も変わります)。
  • 木材自身が呼吸しており、調湿作用を持っている。
  • 経年変化と共に、フローリングに独特のツヤや味わいが出てくる。
  • (木材によりますが)ふんわりとした木の香りを楽しめる。

いかがでしょうか?無垢フローリングの魅力が沢山あるので、ぜひ家も住宅を設計する時にこれを選びたい!という気持ちになったのではないでしょうか。

無垢フローリングに使われる木材

無垢フローリングを設置するにあたり、色々な材質や色などがあり、木材特有の特徴があります。それでは、主にどのような木材があるのかご紹介します。

針葉樹

スギ・ヒノキ・アカマツ・カラマツ・パインなどの木材です。無垢フローリングにする上で、肌触りの良さや素朴な風合いが魅力です。ヒノキはやや高めですが、それ以外の材木は柔らかめで、価格も高くはありません。

広葉樹

ナラ・ブナ・メイプル・チーク・ウォールナットなどの木材です。無垢フローリングの弱点として「キズが付く」点が挙げられますが、それに対する強さを持ち、木材自体の反りが比較的すくないのが魅力です。つまりその分、木材自体が硬く、価格がやや高めです。

無垢フローリングを長持ちさせる3つのコツ

無垢フローリングを長持ちさせるためには、お手入れが欠かせません。特に、無垢フローリング材に合ったお手入れのコツがありますので、ここではその3つのコツをご紹介します。

1~3か月に1度水拭きをする

ほこりを取り除くなら、1~2度の乾拭きで十分です。なぜなら、木材は水に弱いといったデメリットがありますので、無垢材に水が浸み込まないようにする必要があるためです。そのため、水拭きは多くても1か月に1度で十分なお手入れができます。尚、水拭き時の雑巾は良く水を絞って行うようにして下さい。

半年から1年に1度クリーナーで汚れを落とす

水拭きとは異なり、表面のツヤを取り戻したり、汚れが酷い部分をしっかりとキレイにすることため、クリーナーでお手入れすることが目的です。尚、木材に合わせたワックスクリーナーがありますので、ホームセンターで購入する前に床材がどのようなクリーナーが出来しているか、住宅の設計・施工業者に予め聞いてから、クリーナーを用意しましょう。クリーナーでのお手入れは乾いた布で軽く塗り広げるようにして、徐々に範囲を広げてキレイにしていきましょう。

床材が痛んできたら再塗装する

経年劣化により、ツヤがなくなったり、表面塗装が薄くなってきたら、再塗装を行います。再塗装を行うことで、数年~10年程度は塗らなくて良くなりますので、クリーナーでのお手入れと同じような方法で塗装しましょう。

43-2

まとめ

無垢フローリングは、様々な木材の種類や色があり、様々なインテリアを引き立ててくれます。住宅を設計する際に、インテリアのトータルコンセプトを決めた上で、ベースとなる無垢フローリングをどのようなものにするか?そこにどのような家具を配置すれば良いか?家族構成を含めたライフスタイルの中で、どんな床なら長持ちして楽しめるお家になるか?デザイナーさんと相談して、決めていくと納得する無垢フローリングになります。

こんな記事も読まれています

関連記事

リビング室内ドア

おしゃれ度アップ!室内ドアの選び方

室内インテリアを考える際、どんな空間にしたいか?身を置きたいか?という視点で、床・壁・家具を考えてい

記事を読む

2階リビング

2階リビングのメリット・デメリット

最近の注文住宅ではリビングを2階に設計する2階リビング(=逆転リビング)を選ばれる家庭が増えてきまし

記事を読む

サンルーム2

増築の費用はどれくらい?オススメのアイデア

増築する理由は? リフォームをするなら「リビングを広くしたい」「子供部屋がもうひとつ欲しい」となる

記事を読む

ドア引き戸

引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描くように開くタイプであるのにたい

記事を読む

引き戸活用間取り

ウォールドアで自由自在な空間創り

住宅を設計する際、今のライフスタイルで間取りや生活の導線を考えるより、これから10年・20年後を見据

記事を読む

outdoorliving2

まるでお部屋?! アウトドアリビングの魅力

憧れのアウトドアリビング 家の中からクッションを持ち出し、好きなスイーツと本を片手に、開放感あるプ

記事を読む

ウッドテック COOL JAPAN

内装の纏め役!装飾壁の選び方

シンプルでデザイン性が高いソファ、木製のローチェスト、暖かい色合いの間接照明に照らされる小物達...

記事を読む

シースルー階段

おしゃれな階段(スケルトン階段・螺旋(らせん)階段)

家造りで忘れがちなのが階段のデザインです。階段は玄関から見えたり、リビング階段であれば、家のデザイン

記事を読む

ベットルームのアクセントクロス

アクセントクロスでお部屋をオシャレに変えよう

なるべく費用を掛けずにおしゃれな家づくりをしたい方にオススメなのが、壁紙を1面のみを違うカラーにする

記事を読む

ピットリビング

間取りの大きなポイント!階段の種類と特徴

2階建て住宅に必須な階段ですが、今では様々な種類があり、インテリアデザインやライフスタイルに合わせて

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑