*

室内ドアの標準的な高さ。フルハイトドアのすすめ

公開日: : 最終更新日:2019/05/21 リビング

注文住宅やリフォームでドアの色や採光部のデザインは気にされると思いますが、ついでに高さも気にしましょう。メーカーのカタログではさり気なく使用されているのは天井まで高さのあるドア、その名もフルハイトドアが多いです。

ですが特に指定がない場合、設計士さんは日本で標準的なドアの高さの2.1mにされてしまう場合が多いです。せっかくですので、開放感のある天井までの高さ2.4mまたは、天井を高くしている場合は2.6mなど天井の高さまである内装ドアを選ぶことをオススメします。

フルハイトドアのデメリット

  • ドアが大きい分重くなる
  • 長年の使用で反る可能性が上がる
  • フレームレス(枠が壁と一体化)の場合ドアの下に隙間ができる



ドアが重い=高級感もありますが、小さいお子様が見える場合危険もありますので、なるべく軽いドアが良いかもしれません。また、長年の使用や温度の変化で反る場合がありますので信頼できるメーカーの商品を選ぶことが重要です。

KAMIYA E-STYLE EG-2

我が家の建具、内装ドアは神谷コーポレーションの E-STYLE EG-2 にしました。2.4mですが、程よい重さと採光部やドアノブのデザインが気に入ったことと、フルハイトドアに力を入れているメーカーなので経年の劣化も信頼しています。また、ステルス枠でドア周りがすっきりしているデザインと壁とドアがフラットになる納まりが気に入っています。

神谷コーポレーションのサイト

我が家はリフォームですが、玄関から右がリビング、正面がトイレ、左が洗面とすべて神谷のE-STYLEのハイトドアを使用しています。開放感があり玄関が広くなった!と好評です。

こんな記事も読まれています

関連記事

afi_slb05

フローリングの種類

フローリングの種類 フローリングにはベニヤ板やMDF(木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合し

記事を読む

上部吊り戸棚AVラック

上部吊り戸棚でDVDの収納

収納で困るのが、子供の運動会や家族旅行のビデオを録画したDVD。TV廻りの収納に大きなTVボードを設

記事を読む

outdoorliving2

まるでお部屋?! アウトドアリビングの魅力

憧れのアウトドアリビング 家の中からクッションを持ち出し、好きなスイーツと本を片手に、開放感あるプ

記事を読む

サンルーム2

増築の費用はどれくらい?オススメのアイデア

増築する理由は? リフォームをするなら「リビングを広くしたい」「子供部屋がもうひとつ欲しい」となる

記事を読む

無垢フローリング

無垢フローリングのメリット デメリット

フローリングの素材で検討するのが無垢(単層フローリング)か合板(複合フローリング)かでしょうか?

記事を読む

スペーシアガラス

リフォームでお勧め!複層ガラス「スペーシア」の評判

複層ガラスの評判 私の家は築20年で現在の新築の家のように複層ガラスが標準ではありませんでした。冬

記事を読む

リビング室内ドア

室内ドアの選び方

室内のドアはフローリングの色やお好きな雰囲気などと合わせてデザインを決めると思います。では間取りに寄

記事を読む

引き戸活用間取り

ウォールドアで自由自在な空間創り

住宅を設計する際、今のライフスタイルで間取りや生活の導線を考えるより、これから10年・20年後を見据

記事を読む

エタノール暖炉

おしゃれで環境に優しいバイオエタノール暖炉とは

人気が高いインテリアデザインの内、アンティークやクラシック、ログハウスを中心としたアウトドア系のイン

記事を読む

2戸1住宅

2戸1住宅マンションリフォーム

面積の狭い部屋同士をくっつけて1つの部屋にしてしまえば、狭いマンションでもゆったりと暮らすことができ

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑