*

お部屋がオシャレになるニッチの作り方

公開日: : 最終更新日:2019/10/21 リビング, 収納, 玄関

ニッチ(飾り棚)は、ちょっとした空間に取り付けられ、そこにお気に入りの小物やオブジェを飾ったりするなど、インテリア性を高めてくれます。また、設置する場所、季節、形などに応じて、様々なオシャレ空間を無限大に作り出せる点がニッチの魅力です。そこで、ここではお部屋がオシャレになるニッチの作り方をご紹介します。

ニッチ(飾り棚)とは

ニッチとは玄関やリビング、トイレなどの飾り棚です。壁の一部をへこませて作る方法と、自分DIYを行って作る方法があります。形も様々で、汎用的に使えるスクエア型やかわいらしいインテリアにマッチしたアーチ形など、多彩な形とインテリアで空間を飾ってくれます。主に設置される場所は、リビング、廊下、部屋の一部や三角コーナー部分、トイレ、キッチン、ランドリースペースなど、あらゆるところに設置できます。材質は主に木材が中心ですが、デザイン性が高い住宅の場合あえて金属や強化アクリル板を用いるケースもあります。

お部屋をオシャレにするニッチの例

お客様をおもてなしする玄関に!

玄関に長方形型のニッチを設置した例です。ポイントはニッチの奥側にタイルなど素材と色の違うものを貼ること。また、間接照明やダウンライトでニッチの中を照らすことがポイントです。折角おしゃれな小物を間接照明で飾ることで、温かみがあるお出迎えができるオシャレなニッチに仕上がります。ワンポイントで、お香や植物を定期的に変えると、毎回来客者が新鮮な気分を味わってくれますよ。

21-1

リビングデザインをワンランクアップ!

リビングは単純な四角に切り取るのではなく、少しデザイン性を持たせるほうがおしゃれな家になります。特にリビングは大きな壁なので大胆にニッチをデザインしましょう。ただし、家具の場所を動かすことを考えて邪魔にならない場所にしましょう。ここでワンポイント、ニッチに飾るものは色使いが大切です。リビングはカーテンとソファーがベースカラーになりますので、それらと対比する色の小物を置くとリビングの印象にメリハリが出ます。

22-2

トイレの清潔感をアップ!

トイレの側面にニッチを設けることも、インテリアに凝るならぜひチャレンジしたい場所です。トイレに置くものと言えば芳香剤やトイレットペーパーなど、生活感溢れるものが中心になりますが、それらは扉付きの棚をトイレに設置して見えない場所に収納しましょう。ここでは、ニッチを利用してトイレの清潔感をアップさせるために、自然素材のものとしてドライフラワーや観葉植物など「自然の色と香り」を上手く組み合わせると良いですよ。

22-3

小窓周辺をオシャレに!

なかなかニッチを上手く飾れないという方も少なくありません。その場合は、小窓やお部屋の三角コーナーを利用して、まずは小さいニッチを作っていくことからスタートしましょう。一番簡単でオシャレに出来るのは、お部屋の小窓周辺です。実際、100円ショップで販売されているものだけで、簡単にナチュラルテイストなニッチを作ることができます。一度DIYで作ってみると、次々とアイデアが湧いてきますので、ニッチ作りにはピッタリな場所です。

22-4

ニッチを作る時の注意点

ニッチを作る際に、同時に考えたい点は間接照明、耐震対策、掃除のしやすさです。住宅設計の段階で、最初からニッチを設ける場合には、照明を取り付けられるように壁面裏に配線を通しつつ、照明のスイッチを予め設置しておきましょう。後付けする場合は、間接照明自体が落下しないようにすることが大切です。

また、ニッチに飾っている小物や、DIYでニッチを取り付ける場合、地震の揺れで物が落ちたり、ニッチ自体が壊れないように耐震シートを引くようにしましょう。最後に、お掃除ですが、ハンドワイパーで軽くホコリと取り除く程度に留めておきましょう。飾る物を変えるタイミングで拭き掃除などすると、お手入れの回数が減ります。

まとめ

いかがだったでしょうか?ニッチは、広い部屋から狭い場所まで、色々な場所に取り付けられる便利な内装です。実際に設ける場合は、どんなインテリアデザインにしたいか?を決めた上で、ニッチを設ける場所、その使用目的、飾りたいインテリアグッズや雑貨…という順に考えていくと纏まりやすくなります。ぜひニッチを作って、オシャレなお部屋作りを楽しんで下さいね。

こんな記事も読まれています

関連記事

ベットルームのアクセントクロス

アクセントクロスでお部屋をオシャレに変えよう

なるべく費用を掛けずにおしゃれな家づくりをしたい方にオススメなのが、壁紙を1面のみを違うカラーにする

記事を読む

パントリー

階段下のデッドスペースの有効活用例

住宅設計にあたり、設ける階段の1階部分がデットスペースになる場合があります。また、中古住宅をリノベー

記事を読む

リビング幅木

幅木(巾木・はばぎ)でオシャレなお部屋に

普段あまり気にしないお部屋の部材…それは「幅木」です。巾木(はばぎ)とも記載されますが、この部材は壁

記事を読む

サンルーム2

増築前に知っておくべき建築確認

ライフスタイルや家族構成の変化に伴い、住環境も変化していきます。現在住んでいる住宅について「リビング

記事を読む

引き戸活用間取り

ウォールドアで自由自在な空間創り

住宅を設計する際、今のライフスタイルで間取りや生活の導線を考えるより、これから10年・20年後を見据

記事を読む

吹き抜け

憧れの吹き抜けのメリット&デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さにし、リビングや玄関を吹き抜けにして採光や開放

記事を読む

造作カウンターニッチ

キッチン造作カウンターの作り方

料理中にリビングを見ながら作業できる対面キッチン・オープン対面キッチンが人気です。ダイニングとキッチ

記事を読む

リビング室内ドア

おしゃれ度アップ!室内ドアの選び方

室内インテリアを考える際、どんな空間にしたいか?身を置きたいか?という視点で、床・壁・家具を考えてい

記事を読む

ドア引き戸

引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描くように開くタイプであるのにたい

記事を読む

2階リビング

2階リビングのメリット・デメリット

最近の注文住宅ではリビングを2階に設計する2階リビング(=逆転リビング)を選ばれる家庭が増えてきまし

記事を読む

広告

床暖房
床暖房のメリット・デメリット

寒い季節に是非欲しい!と思う住宅設備と言えば、何と言っても床暖房ではな

バーチカルブラインド
バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムの1つが、バーチカルブライ

KAMIYA E-STYLE EG-2
おしゃれな空間を演出してくれる「フルハイトドア」

注文住宅やリフォームで室内ドアの色や採光部のデザインは気にされると思い

スペーシアガラス
リフォームでお勧め!真空ガラス「スペーシア」

築数十年の住宅をリフォームする際、良く目に付くのが木材や床底などがカビ

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

住宅を設計するにあたり、海外の家やデザインを参考にする方は少なくありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑