*

室内ドアの選び方

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 リビング

室内のドアはフローリングの色やお好きな雰囲気などと合わせてデザインを決めると思います。では間取りに寄って扉の種類はどう使い分けるのでしょうか?

  • 開き戸・・・車いすのまま出入りするなら両開きできる親子ドア。閉めたまま換気できるルーバー付きがあります。
  • 折れ戸・・・扉が折れ曲がるため狭い空間に設置する場合に有効です。クローゼットやパントリーなどで良く利用されます。
  • 引き戸・・・扉が前後しないためスペースが有効活用できます。開き戸の開けた先が階段など家族の動線でぶつかるような危険が避けられます。ただ隙間風が通りやすく断熱性は弱いので玄関近くのリビングでの設置には対策が必要です。



 室内ドアのデザイン選び方

室内ドアの選び方のポイントは以下です。

  • 扉デザイン・・・採光できるタイプ、採光の幅、採光できないタイプ
  • 扉カラー・・・フローリングのカラーに合わせる、フローリングのカラーの反対色
  • 開け閉めの静かさ・・・閉まる間際にブレーキがかかり静かに閉まるタイプがお勧め
  • 扉の重さ・・・重さがある扉は高級感があり防音性にも優れています。ただ重い分、蝶番や柱に負担が掛かかる。小さいお子様やお年寄りには使いづらいかもしれません。
  • 枠・・・ドア本体とフラットな「固定枠」はシンプルな仕上げ、ドア本体と枠が凹凸した「ケージング枠」は格調高い雰囲気、ラインナップは少ないですが枠自体を壁と一体化した「かくし枠」があります。
  • ハンドル・・・各社いろいろな形や色がラインナップされています。お好みです。
  • 蝶番・・・出っ張りの少ないフラットな蝶番はシンプル
  • ドアストッパー・・・最近では床に埋め込むドアストッパーが邪魔にならず便利

室内ドア一つとっても色々な種類があります。せめてリビングのみは扉にこだわってみるのをお勧めします。

リビング室内ドア

こんな記事も読まれています

関連記事

afi_slb05

フローリングの種類

フローリングの種類 フローリングにはベニヤ板やMDF(木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合し

記事を読む

スペーシアガラス

リフォームでお勧め!複層ガラス「スペーシア」の評判

複層ガラスの評判 私の家は築20年で現在の新築の家のように複層ガラスが標準ではありませんでした。冬

記事を読む

シースルー階段

おしゃれな階段(スケルトン階段・螺旋(らせん)階段)

家造りで忘れがちなのが階段のデザインです。階段は玄関から見えたり、リビング階段であれば、家のデザイン

記事を読む

リビング幅木

幅木(巾木・はばぎ)は必要?

幅木とは・・・? 壁の下部とフローリングと間、壁の上部と天井との間にある10センチ弱の木を幅木

記事を読む

ピットリビング

段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ一段下げてある、ピットリビング

記事を読む

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムがバーチカルブラインドです。床から天井までブランドを合わ

記事を読む

吹き抜け

吹き抜けのメリット・デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さを持たしたり、リビングや玄関を吹き抜けにして採

記事を読む

平屋建て

40歳以上で新築の方必見!平屋のメリット・デメリット

今の時代、家を建てるイコール2階建てだったり、都心部では3階建てが当然だと思います。平屋建てというと

記事を読む

ベットルームのアクセントクロス

寝室や子供部屋やトイレなどアクセントクロスのお勧め

なるべくコストを掛けずにおしゃれな家づくりをしたいひとは、壁紙を1面のみ違うカラーにするアクセントク

記事を読む

引き戸活用間取り

ウォールドアで自由な間取り作り

ウォールドアの活用術 土地や建築条件、予算の枠組みの中でよくよく考えて満足した間取りでも、生活

記事を読む

広告

outdoorliving2
注目度No.1 アウトドアリビングとは?

アウトドアリビングとは 最近、ヘーベルハウスのテレビCMでも盛んに薦

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

海外のおしゃれなリビングでよく採用されているのが、リビングスペースだけ

防犯対策
戸建てのセキュリティー防犯対策と費用

新築の戸建てのプランを考えたり、リフォームをしたいとき気になるのが防犯

エタノール暖炉
おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言

平屋建て
40歳以上で新築の方必見!平屋のメリット・デメリット

今の時代、家を建てるイコール2階建てだったり、都心部では3階建てが当然

→もっと見る

PAGE TOP ↑