*

増築前に知っておくべき建築確認

公開日: : 最終更新日:2019/11/18 バルコニー・テラス, リビング

ライフスタイルや家族構成の変化に伴い、住環境も変化していきます。現在住んでいる住宅について「リビングを広くしたい」「子供部屋がもうひとつ欲しい」となどの要望が出てきます、また、さらにその先の将来を見据えて、バリアフリー化や家族が動きやすい導線に間取りを変えることもあります。その場合、当然増築が必要になってくるケースが出てきますので、ここでは増築に掛かる費用について考えてみましょう。

増築に関する法律による制限

増築にあたり、まずは知っておくべき法律があります。大きく分けて、次の2種類によって対応が異なります。

10㎡以上の増築または防火地域の場合

この要件に該当する場合、自治体に建築確認申請を行う必要があります。この申請に関する書類作成と、自治体に収めるお金を含めると30万円くらい必要になります。また、翌年からの固定資産税も変更になりますので、増築後は少し余裕を持って家計を運用する必要があります。

6畳・10㎡未満の場合

10㎡未満の増築というと6畳になります。この増築の場合、「建築確認申請」の要否が次の基準で定められています。

<建築確認申請が不要>

  • 10㎡以下の建築物が、設置する土地に新築ではなく増築の場合
  • 10㎡以内の建物の増築を繰り返す場合
  • 用途指定が無指定の場合(但し、自治体によって解釈が異なるため確認して下さい)

<建築確認申請が必要>

  • 都市計画区域の場合
  • 防火・準防火地域の場合
  • 母屋と合わせた延床面積が100㎡を超える場合

物置や離れの増築はどうなるの?

10㎡以上の建物を増築する場合

まず、原則として物置や離れも10㎡を超えれば建築確認申請が必要となります。ここで、申請確認の前に知っておきたい点があります。それは「建築基準法では、一つの区画に一つの建物しかたてられない」という点です。意外と知られていない点であり、古い昔ながらのお家に小屋や離れがあったりしますが、本来的には申請が必要になります。

生活に必要不可欠な建物を増築する場合

例えば、田舎にある古い大きなお家で、トイレやお風呂場が別に存在していた…なんていう昔の思い出はありませんか?こうした、お風呂やトイレのような「住宅の機能の一部」とみなされる建物の場合、一つの区画の中に建築することができます。

この場合、この増築した建物が「住宅として単独で機能しない」ということが条件であり、この場合、建築確認申請は不要になります。

10㎡以下のコンテナ等を置く場合

例えば、物置代わりにコンテナをおきたい、ちょっとした作業用のユニットハウスを設けたい場合、一定の条件を満たすことで建築確認申請は不要になります。

  • 10㎡以下の建築物であること
  • 防火地域・準防火地域以外の地域であること
  • 新築以外の場合で、増築・改築・移転であること

まとめ

いかがだったでしょうか?リフォーム時における増築では、増築費用もさることながら、まず最初に建築基準法と建築申請確認が必要な床面積かどうか確認することが、一番最初に行うことです。また、今回建築確認申請不要としている中でも、自治体や地域によってもルールや判断が異なるケースがあります。そのため、最初に自治体に確認しておくと、安心して増築を進めることができますよ。

こんな記事も読まれています

関連記事

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムの1つが、バーチカルブラインドです。床から天井までブライ

記事を読む

無垢フローリング

無垢フローリングの魅力

住宅室内の床をどんなデザインにするか?特にナチュラルテイストやシンプルテイストに仕上げて、空間全体を

記事を読む

リビング室内ドア

おしゃれ度アップ!室内ドアの選び方

室内インテリアを考える際、どんな空間にしたいか?身を置きたいか?という視点で、床・壁・家具を考えてい

記事を読む

引き戸活用間取り

ウォールドアで自由自在な空間創り

住宅を設計する際、今のライフスタイルで間取りや生活の導線を考えるより、これから10年・20年後を見据

記事を読む

タイルテラス

解放感抜群!タイルテラスで素敵空間を

リビングからテラスが1つの部屋のように、居住スペースと緑あふれるテラスが一体的に楽しめる空間を想像し

記事を読む

2戸1住宅

2戸1住宅マンションリフォーム

面積の狭い部屋同士をくっつけて1つの部屋にしてしまえば、狭いマンションでもゆったりと暮らすことができ

記事を読む

スペーシアガラス

リフォームでお勧め!真空ガラス「スペーシア」

築数十年の住宅をリフォームする際、良く目に付くのが木材や床底などがカビで腐っていたり、湿っていること

記事を読む

afi_slb05

フローリングの種類と選び方

住宅の床材として一般的に用いられているフローリング。フローリングといっても、様々な種類の木材、表面、

記事を読む

お勧めオーニング

まるでカフェ!オーニングの選び方

オーニングと言われるとピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、例えばカフェのテラス席で見かけるおし

記事を読む

2階リビング

2階リビングのメリット・デメリット

最近の注文住宅ではリビングを2階に設計する2階リビング(=逆転リビング)を選ばれる家庭が増えてきまし

記事を読む

広告

床暖房
床暖房のメリット・デメリット

寒い季節に是非欲しい!と思う住宅設備と言えば、何と言っても床暖房ではな

バーチカルブラインド
バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムの1つが、バーチカルブライ

KAMIYA E-STYLE EG-2
おしゃれな空間を演出してくれる「フルハイトドア」

注文住宅やリフォームで室内ドアの色や採光部のデザインは気にされると思い

スペーシアガラス
リフォームでお勧め!真空ガラス「スペーシア」

築数十年の住宅をリフォームする際、良く目に付くのが木材や床底などがカビ

ピットリビング
段差のあるリビング、ピットリビング・ダウンフロアのメリット・デメリット

住宅を設計するにあたり、海外の家やデザインを参考にする方は少なくありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑