*

2階リビングのメリット・デメリット

公開日: : リビング

最近の注文住宅ではリビングを2階に設計する2階リビング(=逆転リビング)を選ばれる家庭が増えてきました。リビングをあえて2階に持ってくるのは、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか?反対にデメリットは存在しないのでしょうか?

今回は、2階リビングの1階リビングと比較した際のメリット・デメリットについて解説します。ぜひ、注文住宅を設計する際の参考にしてください。

2階リビング

2階リビングのメリット

リビングをあえて2階に設計することでさまざまなメリットがあります。

日当たりが良い

2階リビングの最大の特徴は日当たりの良さです。遮るものが少ないので、日当たりや風通しがよく、開放的な雰囲気を感じることができます。また、部屋の中からの視界が良好というメリットもあります。

プライバシーが守られやすい

道路側にバルコニーを設定することで道路側から部屋の中が見られにくくなります。隣家と窓の位置をずらせば大きめの窓を設計して、さらに解放感あふれるリビングを設計することも可能です。

天井を高くとれる

2階は1階と比較して天井を高くとることができます。天井を高くすることは、部屋の解放感につながるだけでなく、ロフトや中2階などのスペースを設計しやすいというメリットもあります。

耐震性に優れた設計がしやすい

2階にリビングを持ってくれば、1階に子ども部屋や寝室などの小部屋を持ってくることになるので、1階に柱を増やして耐震性を高めることができます。

2階リビングのデメリット

2階リビングのデメリットについて紹介します。

夏には暑さが気になることも

2階リビングのデメリットとしてよく言われるのは、夏の暑さです。日光が直接入りやすいので、構造的にどうしても暑くなりがちです。開口部の日差しをシェードで遮断したり、遮光性の高いカーテンを使用したりするなどして、室温が上がりすぎないように工夫しましょう。さらに空気を循環させられるシーリングファンなども効果的です。

生活の際に手間を感じることも

リビングが2階に設定されていると、来客のたびに階段の上り下りをしなければならないので、手間を感じてしまうこともあります。モニター付きインターホンや遠隔操作の可能な電気錠を設置することで、来客時の手間は軽減できます。

日々の生活の動線に工夫が必要

日ごろの食品の買い物や生活ごみなどをまとめておく場所についても工夫が必要な場合があります。動線を工夫しなければ、ごみの日に出すまでゴミの置き場所に苦労したり買ってきた食材を冷蔵庫まで運ぶのがとても億劫になってしまったりすることがあります。

高齢になったときやケガをした時の不安

自分自身や家族が高齢になった時に、2階リビングの場合には毎日階段の上り下りをしなければなりません。現時点では、生活に不安や不便を感じなくても高齢になった時やケガをした時に大きく負担になってしまうことがあります。

対策としては、ホームエレベーターを検討したり、階段の勾配などを足や腰の負担に優しいものにしたりする方法があります。

子どもとのコミュニケーション不足の不安

子ども部屋を1階に設計した場合、子どもの年齢によっては子どもと顔を合わせる時間が短くなりがちです。その結果、家族間のコミュニケーション不足につながってしまうことがあります。

お風呂などの水回りをリビングと同じ2階に持ってくるなど、生活のどこかの場面で家族と顔を合わせられるように工夫すると良いでしょう。あるいは、子どもの学習机や勉強スペースをリビングの一角に設置するのも効果的です。

2階リビングを活用したい住宅条件

住宅の条件によって、2階リビングを活用すると効果的な場合があります。具体例について紹介します。

旗竿地や都市部の周囲を隣家に囲まれた住宅地

旗竿地や都市部の住宅地では、どのように間取りを設計しても1階の日当たりが悪くなってしまう場合があります。そのような住宅では、リビングを2階に持ってくることで、日当たりや風通しを良くすることができます。

2階に広いバルコニーを設置する間取りの住宅

2階に広いバルコニーや大きなテラスを設置して、庭の代わりに活用することができます。その場合、広いテラスを活かして家庭菜園を楽しんだり、テーブルセットなどを持ってきて家庭内キャンプを楽しんだりすることができます。

まとめ

最近、増えてきている2階バルコニーは、メリットとデメリットの両方があります。それぞれを比較しながら、どちらがご自宅に適しているのかを見極めるようにしましょう。

デメリットの大半は、設計の工夫などで軽減することが可能ですが、あらかじめメリットとデメリットを考えずに、おしゃれなイメージだけで設計をしてしまうと生活を始めた後に生活に不自由を感じてしまうことがあります。

メリットを最大限に活かしていただくために、今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

こんな記事も読まれています

関連記事

2戸1住宅

2戸1住宅マンションリフォーム

面積の狭い部屋同士をくっつけて1つの部屋にしてしまえば、狭いマンションでもゆったりと暮らすことができ

記事を読む

造作カウンター本

お部屋がオシャレになるニッチの作り方

ニッチ(飾り棚)は、ちょっとした空間に取り付けられ、そこにお気に入りの小物やオブジェを飾ったりするな

記事を読む

ベットルームのアクセントクロス

アクセントクロスでお部屋をオシャレに変えよう

なるべく費用を掛けずにおしゃれな家づくりをしたい方にオススメなのが、壁紙を1面のみを違うカラーにする

記事を読む

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドのメリットデメリット

おしゃれで高級感あふれるお部屋にするアイテムがバーチカルブラインドです。床から天井までブランドを合わ

記事を読む

シースルー階段

おしゃれな階段(スケルトン階段・螺旋(らせん)階段)

家造りで忘れがちなのが階段のデザインです。階段は玄関から見えたり、リビング階段であれば、家のデザイン

記事を読む

outdoorliving2

まるでお部屋?! アウトドアリビングの魅力

憧れのアウトドアリビング 家の中からクッションを持ち出し、好きなスイーツと本を片手に、開放感あるプ

記事を読む

afi_slb05

フローリングの種類

フローリングの種類 フローリングにはベニヤ板やMDF(木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合し

記事を読む

リビング室内ドア

おしゃれ度アップ!室内ドアの選び方

室内インテリアを考える際、どんな空間にしたいか?身を置きたいか?という視点で、床・壁・家具を考えてい

記事を読む

サンルーム2

増築の費用はどれくらい?オススメのアイデア

増築する理由は? リフォームをするなら「リビングを広くしたい」「子供部屋がもうひとつ欲しい」となる

記事を読む

吹き抜け

憧れの吹き抜けのメリット&デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さにし、リビングや玄関を吹き抜けにして採光や開放

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑