*

引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

公開日: : リビング, 玄関

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描くように開くタイプであるのにたいして、引き戸はレールの上を滑らせて横に開閉するタイプの扉のことを指します。

今回は引き戸の種類について説明をしたうえで、引き戸は右向きか左向きかのどちらがいい(マナーとして正解か、使い勝手がよいか)について解説します。

この記事を参考にしていただくことでリフォームや新築の設計の際に引き戸をどのように設計すべきかのヒントにしていただけると思います。

ドア引き戸

引き戸とは?特徴やメリットを解説

引き戸とは、レールの上を滑らせて横に開閉するタイプの扉のことを指します。

気密性や防音性に関しては引き戸よりも開き戸の方が優れていることや、引き戸を設置するためには戸を引き込むためのスペースが必須という点はありますが、引き戸は使い勝手や空間の演出の面でさまざまなメリットがあります。

開閉が自由にできる

引き戸を開放すれば換気をしたり二つの部屋をつなげて広く使ったりすることができます。反対に、閉め切ってしまえば一つの個室として利用することができます。また、完全に締め切らなくても少しだけ開いた状態にして空気を入れ替えたり、一時的にケーブルなどの経路にしたりすることもできます。

開閉の際に扉が邪魔にならない

扉を開け閉めする時に、開き戸と異なり扉がものにぶつかってしまったり、通路をふさいでしまったりすることがありません。扉の近くに棚や家電製品などを置いても問題が生じません。また、引き戸自体は間口を広くとることができるため、バリアフリーにも効果的です。

部屋が広く見える

引き戸は、開いたドアが視界を防がないので部屋を広く見せることができます。引き戸を這いドアにすることで空間の一体感をさらに高めて視界が広く見える部屋を演出することもできます。

引き戸の種類

引き戸には、いくつか種類があります。代表的な3種類の引き戸を紹介します。

片引き戸(右向き・左向き)

壁の裏側にレールがおり、右向き、もしくは左向きに開く引き戸のことです。ただし、内側・外側のどちらからドアを開けるかで左右が逆転するので、特に右向きか左向きかには大きな意味はありません。

引き違い戸

引き違い戸とは、押し入れの扉のように、左右どちらにでも開くタイプの扉のことです。交互であれば。左右両方どちらにも開放することができます。

戸袋引き込み

扉を壁の中に引き込むスタイルの引き戸です。解放した時には、元々扉が存在しなかったかのようにスッキリ見せることができます。

引き戸は右開き・左開きのどちらが良いか?押さえておきたい3つのポイント

引き戸を右開きにするか左開きにするかのどちらが良いかについて解説します。

実は、引き戸は右開きでも左開きでも大きく開けやすさが変わるわけではありません。ポイントとなるのは、部屋の間取りや動線を踏まえた使い勝手の部分です。ここでは、右開きと左開きのどちらが良いのかについて3つポイントを紹介します。

原則は外側から見て右から左に開ける

マナーとしては、外側から開ける際に右から左に開けるようにドアを設計するのが原則です。料亭や旅館などではこのルールに沿ってドアの向きが設定されているケースが一般的です。慣習的なものなので住宅の利便性などに大きく影響するわけではありませんが、マナーを重んじる方は原則に沿って設計すると良いでしょう。

ただし、壁が反対側に来る場合や下駄箱のスペースなど、原則通りにはいかないケースもあるので最近では原則通りになっていない住宅も少なくありません。

壁があるときには壁側に開く

引き戸の左右どちらかに壁がある場合には、壁側に戸が開くようにします。壁の裏側にレールを敷くことで、デッドスペースを小さくし、間口を広くとることができます。わずかながら居住スペースを広く取るためにも、壁の位置や家具・家電の置き場については意識しましょう。

動線を邪魔しない方に開くようにする

玄関やリビングに最短距離で入れるように動線を意識した扉の方向を検討しましょう。例えば、進行方向と同方向(右から来るなら右開き、左から来るなら左開き)に設置することで、無駄な動きを減らしてスムーズに入室することができるようになります。2,3歩の違いではありますが、毎日の生活のことなので満足度に大きく影響します。

まとめ

住居空間を演出する方法としては、部屋の間取りやインテリア・エクステリアの設計も重要ですが、同様に扉の選び方も重要です。ドアタイプと引き戸タイプのどちらを選ぶのか、引き戸タイプの場合どのような向きで開閉をするのかなどが、住宅を選ぶポイントになります。

引き戸の開き方は、右から左に向かって開けるものが伝統的なマナーではありますが、細菌は住宅事情に合わせて向きを選ぶご家庭が増えています。壁の位置や動線、荷物の位置などを踏まえながら、ご自宅に合った設計をぜひ考えてみてください。

こんな記事も読まれています

関連記事

吹き抜け

吹き抜けのメリット・デメリット

最近は天井高を今までの2.4mから2.8ぐらいまで高さを持たしたり、リビングや玄関を吹き抜けにして採

記事を読む

KAMIYA E-STYLE EG-2

室内ドアの標準的な高さ。フルハイトドアのすすめ

注文住宅やリフォームでドアの色や採光部のデザインは気にされると思いますが、ついでに高さも気にしましょ

記事を読む

オープンウィン

テラスとつながる窓は全開口サッシかワイドなFIXか

リビングにつながるウッドデッキやテラスの間取りをお考えの方はガラスにも一工夫をしましょう。せっかくガ

記事を読む

エタノール暖炉

おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言ではないのがおしゃれな暖炉です

記事を読む

タイルデッキ

タイルデッキや玄関のタイル掃除方法

普段のお掃除 靴の底に付いた砂や泥などの汚れや、風で飛ばされてくる砂汚れなど玄関まわりやタイル

記事を読む

無垢フローリング

無垢フローリングのメリット デメリット

フローリングの素材で検討するのが無垢(単層フローリング)か合板(複合フローリング)かでしょうか?

記事を読む

玄関庇

玄関ひさしの幅

設計のときはまったく気にせず、生活してみると意外に重要なのが、玄関のひさしの奥行きです。玄関のひさし

記事を読む

ベットルームのアクセントクロス

寝室や子供部屋やトイレなどアクセントクロスのお勧め

なるべくコストを掛けずにおしゃれな家づくりをしたいひとは、壁紙を1面のみ違うカラーにするアクセントク

記事を読む

床暖房

床暖房のメリット・デメリット

せっかく新築を建てる、リフォームをするなら床暖房を設けたいという方は多いと思います。メリットは御存知

記事を読む

シャッター

シャッターゲートのメリット デメリット

シャッタータイプの種類 シャッタータイプは跳ね上げタイプや引き戸や折りたたみ戸タイプに比べ、不審者

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑