*

自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

グランピングとは、「優雅な」「豪華な」という意味の「glamorous」とキャンピングを掛け合わせた造語で、ぜいたくな気分を味わいながら楽しむキャンプのことを指します。キャンプ場やリゾート地などでグランピングを楽しむのが一般的ですが、設備やエクステリアの環境を整えれば自宅の庭でもグランピングを楽しむことができます。

今回はグランピングのできる庭について紹介します。ぜひぜいたくな時間を過ごせる庭づくりの参考にしていただけたら幸いです。

自宅でグランピング

キャンプとグランピングの違い!自宅はグランピングにぴったり

グランピングとは、「豪華」で「優雅」なキャンプのことで、「ホテル並みの設備や施設で楽しむキャンプ」といわれることもありますが、普通のキャンプとどんな点が異なるのでしょうか?

通常のキャンプが自然のもの以外は最低限の設備しか使用しないのに対して、グランピングはしっかりしたイスやテーブルを使用したり、お風呂やトイレなどの環境が整っていたりする点が大きく異なる点です。

自宅の庭にキャンプセットを用意すると、自宅の設備も使用できるのでグランピングとして楽しめるということです。小さな子どもやペットを飼っている家族でも自宅なら安全にグランピングを楽しむことができます。

・自宅の庭でグランピングを楽しむための準備

自宅の庭でグランピングを楽しむために必要な準備物は以下の通りです。

設備面

  • ウッドデッキ、テント、タール、バルコニー
  • ハンモック
  • ランタン
  • テーブル、チェア、ランタン

※ウッドデッキやテント、タール、バルコニーなどは全て必須というわけではありませんが、道路や隣家からの目隠しとなりゆったりとした気分でくつろぎたいときに効果を発揮します。

※テーブルやチェア、ハンモックなどはくつろぐための機能も大切ですが、グランピング気分を盛り上げる役割もあります。ランタンの灯りはグランピング気分を高めるために最適です。

小物

  • バーベキューセット(カセットコンロ、炭、着火剤、七輪など)
  • 食材
  • 食器(使い捨てでOK)

食材はキャンプ気分で簡単に焼いて味わえるものが便利です。自宅でおこなう際には煙やにおいが隣家の迷惑になることがあるので、注意しましょう。また、バーベキューといえばお肉などのグリルが中心になりますが、ピザを焼くなど気分次第でさまざまなバリエーションを楽しむのもおすすめです。

グランピングを楽しむためのエクステリア

グランピングの楽しみ方はそれぞれですが、外の自然に近い環境が手軽に楽しめる設備・場所を準備することでグランピングが楽しめます。

ベランダ、バルコニー

広めのベランダやバルコニーは、グランピングのスペースとしてとても人気があります。部屋と直接つながっているので、食材やお酒、ドリンクなどの持ち運びも手軽です。火器の取り扱いのみ十分に注意しましょう。

ウッドデッキ

1階でグランピングを楽しむスペースとしてはウッドデッキがおすすめです。室内からの食材などの持ち運びの便利さと、庭も含めて広いスペースを利用できる解放感とを兼ね備えています。タールで目隠しをして、プライバシーを確保しつつ自然を満喫しましょう。

自宅庭グランピングならではメリット

自宅グランピングならではのメリットを紹介します。

衛生面や食材が腐ってしまう心配が少ない

食材を自宅冷蔵庫から直接出せるので、食中毒や食あたりの心配が少ないです。キャンプの場合は特に夏場に開催することが多いので、安全な食材を使用できるのは大きなメリットです。また、トイレやお風呂などの自宅設備が使用できるので、衛生面からキャンプを懸念される方も安心して楽しむことができます。

冬などの寒い時期でも楽しめる

キャンプやグランピングをおこなうシーズンといえば夏ですが、自宅庭でのグランピングなら冬に開催するのもおすすめです。冬場は空気が澄んでいて、星がきれいに見えることなど、冬ならではの楽しみ方もあります。

小さな子どもやペットがいても楽しめる

小さな子どやペットがいると、屋外のグランピング施設まで出かけるのは大変です。異動の大変さ、ペットを誰かに預かってもらわなければならないこと、子どもの安全面、防虫対策など、さまざまな注意が必要になります。自宅であれば、子どもやペットがいても気軽に楽しめます。

経済的であること

自宅グランピングは、設備さえ整えてしまえばあとは食材を調達してくるだけで気軽に楽しめます。外部施設を利用する際には、往復の交通費や設備使用料などがかかるので、自宅でおこなう方がかなり経済的です。

まとめ

世界規模でブームになっているグランピングは、ウッドデッキなどのエクステリア工事をすれば、自宅でも楽しむことができます。

自宅グランピングは手軽・経済的に楽しめるだけでなく、小さな子どもやペットがいても気軽に楽しめることや、衛生的にバーベキューが楽しめることなどのメリットもあります。

この記事を参考にして、ぜひ家族や友人とグランピングを楽しんでください。

こんな記事も読まれています

関連記事

サンルーム

サンルームのある家

サンルームとは、太陽光を取り入れるための屋根や開口部をガラス張りにした部屋のことです。洗濯物を干すス

記事を読む

旗竿地

旗竿地購入のメリット・デメリット

旗竿地購入のメリット・デメリット 不動産を購入する際によく見かけるのが、「旗竿地」の物件です。

記事を読む

ウッドデッキ

ウッドデッキのメリット デメリット

戸建ての憧れウッドデッキ、一時流行りもあり多くの方が設置したと思います。が、御存知の通り木が腐って壊

記事を読む

中庭

内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭のことです。中庭を持つ家のこと

記事を読む

タイルテラス

タイルテラスは夏暑い?メリットとデメリット

リビングからつながるタイルテラスはいかがでしょうか?。フローリングの色とタイルの色を同系色にするとリ

記事を読む

テラスに植木

タイルデッキに植木

タイルデッキを広くとった場合、シンプル過ぎて殺風景になる場合があります。もちろんガーデンポットなどを

記事を読む

サンルーム2

増築の費用はどれくらい?オススメのアイデア

増築する理由は? リフォームをするなら「リビングを広くしたい」「子供部屋がもうひとつ欲しい」となる

記事を読む

タイルデッキ

タイルデッキや玄関のタイル掃除方法

普段のお掃除 靴の底に付いた砂や泥などの汚れや、風で飛ばされてくる砂汚れなど玄関まわりやタイル

記事を読む

エタノール暖炉

おしゃれな暖炉 バイオエタノール暖炉とは

最近海外で特にデザインを意識した雑誌や建築事例で必ずあると言っても過言ではないのがおしゃれな暖炉です

記事を読む

シャッター

シャッターゲートのメリット デメリット

シャッタータイプの種類 シャッタータイプは跳ね上げタイプや引き戸や折りたたみ戸タイプに比べ、不審者

記事を読む

広告

ドア引き戸
引き戸・ドアの開く向きどっちがいい?

ドアには、引き戸と開き戸があります。開き戸が蝶番などを軸として弧を描く

自宅でグランピング
自宅でグランピング・キャンプの出来る庭

今、世界規模で注目されているアウトドアのスタイルがグランピングです。

農地転用
農地の購入メリット・デメリット

農地として利用されていた土地を、住宅地などの農地以外の目的で使用するた

中庭
内庭中庭のある家

内庭・中庭(パティイオ)とは、建物の内部に設けられた壁に囲われている庭

建売
建売購入のメリット・デメリット

新築の一戸建て住宅を購入する方法としては、注文住宅と建売住宅があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑